more

当店ではヘルプマークを広げる活動をしています。

ヘルプマークとは?

ヘルプマークとは、目に見えにくい障害により日常生活が困難になっている人を助けるべく作られました。

 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。
 ヘルプマークの配布や優先席へのステッカー標示等を、平成24年10月から都営地下鉄大江戸線で、平成25年7月から全ての都営地下鉄、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーで開始し、さらに、平成26年7月からゆりかもめ、多摩モノレール、平成28年12月から、都立病院、公益財団法人東京都保健医療公社の病院へと拡大して実施しています。
 また、平成26年7月から民間企業への働きかけも実施しています。
 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

引用元:東京都福祉保健局

きっかけは妻が指定難病に掛かったことでした。

日常生活が困難になる病気になり、階段の上り下りができないように

それから痛みより、寝込むことが多くなり、歩くことすら難しいことも増えていきました。

しかし、見た目には特に異常はありません。

車いすや杖などを使用していない限りは、普通の人と変わらない。

そんな人でも周囲の助けを得られやすくなるよう作られたヘルプマークの存在を知ったのは、だいぶ後のことです。

このマークをもっと多くの人が知ってくれていたなら──

また、同じように目に見えない疾患や障害を抱えた人も、ヘルプマークの存在を知ってもらえるだけで、少しだけ生きやすい世の中になっていく気がしています。

しかし、まだまだこのマークの存在や意味を知る人が少ないのが現状。

そんなヘルプマークの認知度を高めるためにも、当店では店内にポスターを張るなど普及への取り組みをさせて頂いております。

へルプマークについてわからないことがあれば、気軽にお聞きください。